ニュース・芸能

岸田文雄の血液型は?身長や年齢・経歴などプロフィールをご紹介

2021年9月29日、岸田文雄氏が自民党新総裁に選ばれました。

外務大臣も務めたことのある岸田文雄氏ですが、いったいどんな人物なのでしょうか?

本記事では岸田文雄氏の血液型や身長・年齢、学歴などプロフィールについてご紹介します。

岸田文雄の血液型は?

岸田文雄氏の血液型はAB型です。

AB型というと「変わりもの」とか「天才肌」なイメージがあるかと思います。

岸田文雄氏の地元・広島カープのレジェンドである前田智徳さんもAB型というと、納得される方も多いのではないでしょうか。

一般的にA型はまわりの意見に合わせる、B型は自分の意見を通すと言われています。

AB型はその両面をもっているのが特徴と言えるのかもしれません。

岸田文雄氏は自民党総裁選で新総裁に選ばれた後の挨拶で「私の特技は人の話をしっかり聞くということです」と力強くスピーチされていました。

国民の意見をしっかり聞きながら、納得のいく判断をしていただきたいですね。


岸田文雄のプロフィール

  • 生年月日:1957年7月29日
  • 年齢:64歳
  • 出身:東京都渋谷区生まれ、本籍地は広島県広島市
  • 身長:174㎝
  • 愛称:キッシー

岸田文雄氏は1957年7月29日生まれ。年齢は64歳です。

地元は広島のイメージが強いですが、生まれたのは東京都渋谷区。

政治家としては身長が高く174㎝あり、趣味は筋トレで毎日スクワットやダンベルをされています。

真面目なタイプのようですが、親しい仲間からはキッシーと呼ばれているそうです。

岸田文雄の父

岸田文雄氏の父は岸田文武氏。

広島市出身で通産省(現在の経済産業省)に入省した通産官僚でした。

1979年には衆議院議員に当選した政治家でもあり、当選回数は5回、選挙区は旧広島1区です。

中曽根内閣の時代には総務政務次官や文部政務次官などを務められました。

岸田文武氏の弟・岸田俊輔氏は広島銀行の会長でもあったことから、岸田家は地元広島に強い地盤を築いていることが分かります。

岸田文雄の妻

岸田文雄氏の妻・裕子夫人は1964年8月15日生まれの57歳。旧姓は和田裕子。

出身地は広島県三次市、高校はお嬢様学校で有名な広島女学院高校を卒業されています。

裕子夫人の父である和田邦二郎氏は広島県の不動産会社「三次開発興業株式会社」の社長なんだそうです。

社長令嬢として名門の広島女学院高校から、大学は東京女子大学に進学されています。

女学院はキリスト教主義教育が行われており英語教育にも熱心。

裕子夫人も学生時代に英語力を身につけられたものと思われます。

岸田文雄氏が外務大臣を務められていたときには、外交に同行して要人と会話されていた様子も見られます。

岸田総理のファーストレディーとして英語力を兼ね備えた裕子夫人は相応しい方と言えるでしょう。

岸田文雄の息子

岸田文雄氏と裕子夫人には3人の息子さんがいらっしゃいます。

  • 長男:岸田翔太郎
  • 次男:岸田晃史郎
  • 三男:名前不詳

長男の翔太郎さんは岸田文雄氏の議員秘書。

広島の名門男子校である修道高校を卒業後、慶應義塾大学へ進学。

法学部政治学科を卒業されており、外務大臣を務めた岸田文雄氏にとっては心強い存在となっていることでしょう。

次男の晃史郎さんも兄・翔太郎さんと同じく修道高校を卒業されています。

大学は日本大学スポーツ科学部に進学され、ハンドボールサークルに所属されていたようです。

大学卒業は2022年とのことで、卒業後は地元広島の有名企業「株式会社モルテン」に就職されるそうです。

現在、兄・翔太郎さんと弟・晃史郎さんは議員宿舎で岸田文雄氏と暮らしているようで、息子さんが味噌汁を作ることもあるんだそうです。

三男の名前は明らかにされていないようですが、現在は都内の大学に通われているそうです。

岸田文雄氏のツイッターによると2020年6月1日生まれの21歳であることが分かります。

岸田文雄の経歴

岸田文雄氏は父・文武氏の仕事の関係で小学校はニューヨークの公立学校に通いました。

帰国後は東京都千代田区立永田町小学校に転入し、麹町中学校に進学。

高校は名門の開成高等学校に入学し、野球部に所属していました。

高校卒業後は東京大学を目指すも夢は叶わず、2年の浪人後に早稲田大学法学部に入学。

大学卒業後は日本長期信用銀行に入行し5年間勤務されました。

その後は父・岸田文武氏の秘書を務め、1993年の衆議院選挙で旧広島1区から初当選。

2001年の小泉内閣時代に文部科学副大臣を任命されて以降、内閣府特命担当大臣(2007)や消費者行政推進担当・宇宙開発担当大臣(2008)などを務めました。

2012年の安倍内閣では外務大臣を任命され約4年7か月の長期にわたり外相を務め、その後2017年には政務調査会長に就任されました。

そして、2021年9月29日の自民党総裁選で決選投票の末、河野太郎氏を87票差で破り新総裁となりました。

岸田文雄自民党新総裁に対する世間の反応は?

岸田文雄氏が自民党新総裁に選ばれたことについて、世間の反応はどうだったのでしょうか?

選挙後のツイートを見てみましょう。

まとめ

以上、岸田文雄氏の血液型や身長・年齢、経歴などプロフィールについてお伝えしました。

総裁選後のあいさつで述べられていた通り、人の話をしっかりと聞く新総裁であって欲しいですね。

ファーストレディ・裕子夫人の外交での振る舞いや議員秘書を務められている息子さんの今後にも注目が集まりそうです。