出産準備

ベビーアンドミー ベルクファーストの口コミ|実際に使ってみた感想

肩や腰への負担を軽減してくれるヒップシートが評判のベビーアンドミー。

今回はBELK-S firstセットを実際に使ってみた感想について詳しくお伝えします。

ベビーアンドミー ベルクファーストの特徴

まずはBELK-S firstセット(新生児セット)の特徴から見ていきましょう。

新生児から4歳頃(体重20kg)まで使える

ベルクファーストは新生児の赤ちゃんから使える抱っこ紐。

新生児用のfirstパーツが付属しているので他メーカーのようにインサートを買い足す必要がありません。

生後4か月からはヒップシートキャリアに切り替えることができます。

赤ちゃんの体重は約6~7kgになり肩への負担を感じる頃なので、ヒップシートが使えるとかなり楽になります。

ベルクファーストは赤ちゃんの成長やライフスタイルに合わせてパーツを使い分けることができる便利さが魅力

4歳頃(体重20kg)まで長く使えるのでセカンド抱っこ紐を買う必要がありません。

首すわり前の赤ちゃんとしっかり密着できる

新生児の頃から抱っこ紐を使う場合、赤ちゃんをしっかり包みこんで抱っこしてあげることが大切。

ベルクファーストには首まわりを支える大きなヘッドサポート、体を支える安全ベルトが付いています。

特にヘッドサポートはしっかりしていて高さもあるので首すわり前の赤ちゃんに安心して使えます。

ヘッドサポートはアジャスター付き。位置を調節できます。

年の近い兄弟姉妹なら一緒に使える

ベルクファーストはベビーキャリアヒップシートにパーツを分けて使うことができます。

例えば…

0歳の赤ちゃんと2歳の上の子がいるとき、赤ちゃんには腰ベルトタイプのベビーキャリア、上の子にはヒップシート。

ヒップシートのベルトは最大幅124㎝まで調節できるので、体格の大きなパパでも問題なく使えます。

ベビーキャリアとして使う場合も体重20kgまで使用できるので、2人目の子が産まれたときも多様な使い方が可能になります。

6通りの抱き方ができる

抱っこ紐を購入するならいろんな抱き方ができるものが良いですよね。

ベルクファーストの抱き方は全部で6通り

  1. ベビーキャリア:対面、おんぶ
  2. ヒップシートキャリア:対面、前向き、おんぶ
  3. ヒップシートのみ使用

ベルクファーストは新生児から使えるだけでなく、抱き方も豊富な抱っこ紐。

特にヒップシートは新生児の授乳や寝かしつけなど色んな使い方ができてとても便利です。

BABY&Me 公式サイトはこちら

ベビーアンドミー ベルクファーストの口コミ|実際に使ってみた感想

実際にBELK-S firstセットを使ってみた感想について詳しくお伝えします。

ヒップシートは便利すぎる

抱っこ紐は赤ちゃんの体重が増えるにつれて肩がしんどくなって来ます。

肩こり腰痛持ちの私の場合、体重6~7kgでも結構辛かったです。

ヒップシートを使うと子供の体重を肩と腰で支えるため体への負担がかなり軽減されます。

新生児のときは横抱きの支えになるので片手でも楽に抱っこができます。

firstセットは赤ちゃんにとっても優しい

新生児から抱っこ紐を使うのは心配な人も多いと思いますが、ベルクファーストなら安心して使えます。

ヘッドサポートは新生児の首まわりをしっかり支えてくれて、お尻や足回りは柔らかく赤ちゃんとぴったり密着できます。

赤ちゃんの体を支える安全ベルトも付いていて安心。さらにスリーピングフードよだれカバーも付属。

赤ちゃんとママに必要なアイテムが揃っています。

パーツの切り替えが楽ちん

ベルクファーストは成長に合わせてパーツを切り替えて使用します。

新生児からはベビーキャリアとして、肩や腰に負担を感じてきたらヒップシートキャリアに移行。

パーツの切り替えはファスナーとバックルのみでとても簡単です。

面倒な作業がないのもベルクファーストの魅力です。

▼ 公式サイトはこちら ▼

シーズンカバーを開けると通気性良し

ベルクファーストは暑い時期も快適に使用できます。

赤ちゃんの背中部分にあるシーズンカバーを開けると夏は涼しく使えます。

メッシュの穴が大き目なので通気性も良好。

冬の寒い季節以外はカバーを開けていた方がいいかなと思います。

取り外しできるウエストポーチが優秀

抱っこ紐を使う時はなるべく荷物を持ちたくない私。

ベルクファーストには便利なウエストポーチが付いています。

スマホやお財布などが入るちょうどいい大きさで、しかも取り外しが可能

ヒップシートで近所の公園に行くときなどとても便利です。

落ち着いた色味でパパも使える

ベルクファーストのカラーは全5色。

  • デニム
  • ダークグレー
  • ノースグリーン
  • ペールブラウン
  • ブラック

私はデニムを選びましたが、どの色も夫婦で共有できる落ち着いた色味になっています。

ベビーアンドミーのロゴも目立たない控えめなデザインなので、ロゴが苦手な方にもおすすめです。

 公式サイトで購入すると2年保証付き! /

ベビーアンドミー ベルクファーストのデメリット

実際に使用してみてデメリットに感じたこともいくつかありました。

正しい使い方をしないと腰に負担あり

腰ベルトやヒップシートは正しい使い方をしないと腰に違和感を覚えることがあります。

基本的にはウエストの位置で留めますが、装着が緩かったり位置が合わなかったりすると痛みを感じてしまいます。

肩ベルトもしっかり締めておかないと肩に負担がかかります。

ヒップシートは荷物になる

新生児から歩き始めの頃まで活躍するヒップシートですが、荷物になるというのがデメリット。

ヒップシートの台座部分は軽い素材が使われていますが、大きさは結構あります。

出先で使用しなくなった場合はそのまま腰に巻いておくのが良さそうです。

マジックテープは毎回面倒

ヒップシートはマジックテープで留めるタイプ。バックルだけで留める抱っこ紐と比べると少し手間に感じます。

またマジックテープは強力なので結構音がします。寝かしつけのときに外すとビリビリ音がしてしまうので要注意。

その反面、バックルタイプとは違いマジックテープならパパと共有するときに便利。

サイズを毎回調節する手間が省けます。

BABY&Me 公式サイトはこちら

新生児から使用するならベルクファーストがおすすめ

ベルクファーストがおすすめな理由を6つご紹介します。

新生児から長く使える

ベルクファーストなら他メーカーでよくある別売りのインサートを購入する必要がありません。

安心感のある新生児セットが最初から付属していてすぐに使えます。

成長に合わせてヒップシートキャリアに切り替えていき、対面・前向き・おんぶ・ヒップシートと様々な使い方ができるのも嬉しいポイント。

パパママ2人で使える

ベビーキャリアとヒップシートにパーツを分けて使えば、兄弟姉妹を同時に抱っこすることも可能。

子どもが2人いてもベルクファーストなら抱っこ紐1つだけで大丈夫です。

抱っこ紐としては少し値段が高めですが、長く使えること、子供二人同時に使えることを考えればお値段以上の魅力があります。

抱っこと降りるの繰り返しにヒップシートは最適

子供が歩き始めるようになると「抱っこ」「降りる」を繰り返すようになります。

毎回抱っこ紐やベビーカーに乗せる降ろすを繰り返すのは結構面倒です。

ヒップシートがあれば「抱っこして~」と言われてもすぐに抱っこ。「降りる~」と言われたらさっと降ろせます。

ヒップシートの台座にはすべり止めもついていて、しかも軽いのが特徴。

ウエストポーチにスマホとお財布を入れて、ちょっとしたお出かけにも使えて便利です。

防寒ケープも別売りである

寒い季節のお出かけに使える防寒ケープもベビーアンドミーのおすすめポイント。

防寒ケープはインナーカバーのみ取り外して使うことも可能

冬だけでなく気温に合わせて秋から春まで長く使えます。

さらに取り外しできるモコモコのファーが付いていて、子供に被せるととっても可愛いです。

ファーは前向き抱っこ時も使えて便利。

丸洗いできる

抱っこ紐はミルクやよだれで汚れてしまうこともしばしば。

赤ちゃんが触れるものなので仕方ないのですが、汚れたときにお手入れしやすい方がいいですよね。

ベルクファーストはヒップシートの中材を取り出して洗濯することが可能です。

ファスナーとバックルを留めて洗濯ネットに入れます。

多数の受賞歴・SGマークも取得

ベビーアンドミーは様々な賞を受賞しています。

  • 2021年度グッドデザイン賞受賞
  • 2021年度キッズデザイン賞受賞
  • ゼクシィBaby クチコミランキング 7期連続 第1位 など

さらに抱っこ紐の安全性を保障するSGマークも取得しており、高い品質と安全性が広く評価されています。

 試着レンタルサービスもあり! /

ベビーアンドミーは店舗で買える?取扱店は?

ベビーアンドミーの商品は五反田直営店の他、以下の店舗でも取り扱っています。

  • アカチャンホンポ
  • ベビーザらス
  • イオン
  • ダッドウェイ
  • ゆめタウン
  • 百貨店 など

身近な店舗でも取り扱っていますが、ベビーアンドミー公式サイトでは試着レンタルサービスもあります。

BELK-S firstセット
  • レンタル期間:1週間
  • 料金:1,650円
  • 返送料は自己負担

有料にはなりますが、レンタルサービス利用後に公式サイトで購入すると割引クーポンがもらえます。

ベルクファーストなら5,000円割引されるので、購入を考えている人はレンタルサービスの利用も検討してみてください。

公式サイトで購入すると2年間の保証付きです。

BABY&Me 公式サイトはこちら

ベビーアンドミー スリーピングフードの使い方

赤ちゃんが眠ったときに便利なスリーピングフード。その使い方を簡単にご紹介します。

フードスナップの位置を調節

フードには成長に合わせて調節できるスナップボタンが付いています。成長に合わせて調節しましょう。

赤ちゃんが寝ているときに使用すると首が安定します。日差しよけにもなるので便利です。

フードは取り外しが可能

取り外すときは両手でスナップボタンをつまんで外します。

生地を引っ張ると破損の恐れがあるのでご注意ください。

フードポケットに収納することもできる

フードは収納もできます。折りたたんでフードポケットの中に収納するだけでとても簡単です。

こんな感じですっきり収納できます。

BABY&Me 公式サイトはこちら

ベビーアンドミー ベルク(BELK-S)とワンエス(ONE-S-LIGHT)の違いは?

現在公式サイトで購入できるベルクワンエスシリーズについて、その違いをまとめました。

項目BELK-SONE-S
LIGHT
対象年齢4か月~
48か月頃
4か月~
48か月頃
適応体重20kgまで20kgまで
対応
ウエスト
58~124cm~114cm
重さ約800g約720g
新生児
対応
BELK-S
firstセット
新生児パッド
を購入
価格27,500円
※firstセットは37,400円
22,550円
カラー5色3色
ウエスト
ポーチ
取り外し可取り外し不可
ヘッド
サポート
アジャスター付アジャスター無し
肩ベルトスリム厚い
座面
滑り止め
全面中央のみ

「BELK-S」「ONE-S-LIGHT」ともに対象年齢は生後4か月から。

新生児から使用する場合、ベルクシリーズは「BELK-S firstセット」、ワンエスシリーズは新生児パッドを購入する必要があります。

ベルクはワンエスより機能性が高く、ヘッドサポートの調節が可能でウエストポーチも取り外し可能

ヒップシートの座面滑り止めもワンエスは中央部分のみですが、ベルクは全面に施されています。

値段は少し高くなりますが、新生児から使うならBELK-S firstセットを選んだ方が安心です。

▼ 公式サイトはこちら ▼

まとめ

以上、ベビーアンドミー ベルクファーストを実際に使ってみた感想について詳しくお伝えしました。

新生児から使える抱っこ紐としては長く使えるうえに兄弟姉妹とパーツを分けて使えるのが大きな魅力。

値段は少しお高いですが、セカンド抱っこ紐を買う必要がないのでその分お得な商品だと思います。

公式サイトでは試着レンタルサービスもあるので、1度試してみたい人はぜひ利用してみてください☆

2年保証も付くので、購入するなら公式サイトがおすすめです!

BABY&Me 公式サイトはこちら

ママアンドキッズを安く買う方法【2022年8月】最新情報まとめママアンドキッズを安く買う方法やどこが安いのか詳しくお伝えします。1000円割引クーポンやセール情報など最新情報をまとめました。...
【ベビーアンドミー】ヒップシートのみ買うならどこ?ベビーアンドミーのヒップシートのみ買いたい人向けに、どの通販サイトで購入したら良いのか詳しくお伝えします。実際にヒップシートを使ってみた感想もご紹介します。...
error: Content is protected !!