ウォーターサーバー

ウォータースタンドは最悪?申込前に知りたいデメリット・メリット

ウォータースタンドは水道直結式のウォーターサーバー。

ボトルを交換するタイプではないので、どんなウォーターサーバーなのかしっかりと理解した上で契約しましょう。

本記事では契約した後に「ウォータースタンド最悪…」とならないために、デメリットとメリットについて詳しくお伝えします。

ウォータースタンドは最悪?

ウォータースタンドは水道から繋ぐだけ。

水道水を高性能のフィルターに通すことで、不純物が取り除かれたきれいな水を飲むことができます。

ウォーターサーバーと言えばお水のボトルですが、ウォータースタンドはボトルが不要。

ボトルを購入する必要がないのでお水代を気にすることもなく、交換やゴミ出しをする必要もありません。

ですが、通常のウォーターサーバーとは違い水道直結式にはいくつかのデメリットがあります。

契約前にしっかりチェックしておくことをおすすめします。

ウォータースタンドのデメリット

それではウォータースタンドのデメリットについて見ていきましょう。

レンタル料が高め

ウォータースタンドはレンタル料だけを見ると割高に感じると思います。

冷水・温水・常温水が使えるタイプの「ネオ」は月額4,378円

RO水のクリクラは月に12ℓボトルを2本利用で3,380円。3本利用で4,840円です。

月に24ℓ程度の利用ではかなり割高になってしまいます。

ですが、24ℓを30日で割ると1日当たり800ml、2人暮らしなら1人400ml。

ウォーターサーバーの水を料理にも使うなら、2人暮らしでも月に24ℓでは不足してしまいます。

飲むだけでなく料理にもたくさんお水を使いたい方は、ボトル代がかからないウォータースタンドの方がコストを抑えられます。

≫【公式】ウォータースタンドの料金を詳しく見る

ミネラルウォーターではない

ボトル式のウォーターサーバーのお水には、RO水天然水の2種類があります。

RO水は原水から不純物を徹底的に取り除いた純水にミネラルを配合したもの。

天然水は人工的にミネラルを加えていないため自然のおいしさを味わうことができます。

ウォータースタンドの水は水道水をフィルターに通して不純物を取り除いたもの。

天然水のようなミネラルは含まれていませんが、雑味のないきれいな水を家庭で手軽に造ることができます。

設置工事が必要

ウォータースタンドは水道直結式のため、設置工事が必要になります。

設置工事は専任の担当者が行い、水栓の形状によって60~90分程度の時間がかかります。

賃貸住宅や食洗器を利用していても基本的には取り付け可能、初期設置工事は無料です。

置き場所が限定される

ウォータースタンドは水栓に部品を取り付け、細いホースを通して給水します。

ホースの配線が必要なため、置き場所はキッチン台の近くに限定されます。

申し込むときはレンタルするサーバーのサイズを確認して、どの場所に設置するかを検討しておきましょう。

キッチン台に置き場所がない場合はラックを無料でレンタルすることも可能です。

≫【公式】サーバーの設置例を確認する

解約金

ウォータースタンド設置から1年未満に解約した場合、撤去費用として11,000円の手数料が必要となります。

また、機種変更する場合も1年未満であれば機種変更手数料として11,000円かかります。

料金割引のない通常プランで契約していても解約金が発生してしまうのはデメリットと言えます。

サービス対応エリアが限られる

ウォータースタンドは47都道府県すべてに対応していますが、地域によってはサービス対応エリアに含まれていない場合もあります。

とは言え、2021年7月時点で国内の総人口に対して94.3%をカバーしています。

ウォータースタンド直営店がサービス対応エリアのほとんどをカバーし、その他の地域は代理店が対応します。

お住いの地域がサービス対応エリアかどうかは、公式サイト「サービス対応エリア」のページで確認できます。

水道が止まると使えない

ウォータースタンドは水道直結式のため、災害で水が止まったときや冬場に凍結してしまうと利用できなくなります。

ボトル交換タイプのウォーターサーバーはボトルが備蓄水として使えますが、ウォータースタンドにはボトルがありません。

サーバーの機種によっては災害時にタンク内の水を利用できるタイプもあるので、不安な方は検討してみてください。

水栓に繋がずに使用できるエコサーバーが便利です。

▼ウォータースタンドの詳細はこちら▼

ウォータースタンドの悪い口コミ

それでは実際にウォータースタンドを使っている人や解約した人の口コミを見てみましょう。

定額で3980円と言っているが、これは税抜き価格で実際に引き落としされるのはプラス消費税の約4400円。一人暮らしにはコスパはあまりよくないと思ったし、意外とでかいので場所を取る。いつでもお湯と冷たい水が出るのはいいと思う。味は通常のボトルウォーターを飲み慣れている人にとっては味が落ちると感じるかもしれない。

引用元:みん評

ウォータースタンドを解約した人は主に料金の高さを理由に挙げています。

ひとり暮らしの人やお水をあまり利用しなくなると、高めの月額料金が負担になってしまいます。

冷水・温水の出ない常温水だけのサーバーなら月額2,728円で利用できますが、わざわざ冷やしたり温めたりするのは面倒ですよね。

ウォータースタンドはお水をたくさん使う人に向いているウォーターサーバーと言えます。

水道直結式のため断水や災害が発生すると利用できなくなる点はやはりデメリットのようです。

緊急時に困ることがないよう、ウォーターサーバーとは別にペットボトルの備蓄水を準備しておいた方が良いかなと思います。

≫ 今すぐウォータースタンドに申し込む

ウォータースタンドのメリット

今度は、ウォータースタンドのメリットについて見ていきましょう。

お水は飲み放題

水道直結式のウォータースタンドはお水が飲み放題。

ボトル式のように残りを気にする必要がありません。

お水を使えば使うだけ料金がかかるボトル式とは違い、飲めば飲むほどお得になるのがウォータースタンドのメリットです。

ボトル交換が不要

一般的にボトル式ウォーターサーバーの容量は1本12ℓもあります。

女性や年配の方にとって1人で交換するのは大変です。

特に妊娠中は重いものを持ち運ぶのは避けたいですよね。

ボトルがウォーターサーバーの上部に設置するタイプなら、12ℓを持ち上げて交換しないといけません。

水道直結式のウォータースタンドならボトルの交換や返却もなく、ゴミとして処分する必要もありません。

デザイン

ウォータースタンドのサーバーは白を基調としたシンプルでおしゃれなデザイン。

置き場所は限られますが、キッチンカウンターの上やシンク横の狭い場所にも設置できるスリムさが魅力です。

ナノシリーズの「ガーディアン」は幅・奥行ともに23㎝ほど。

ウォーターサーバーの置き場所に困っている方には嬉しい省スペースにフィットするデザインです。

料金が安くなる長得プラン

ウォータースタンドの料金プランには「通常プラン」と「長得プラン」があります。

料金設定はサーバーごとに違いますが、長得プランを選ぶと月額料金がお得になります。

長得プランの一例

サーバー「ネオ」の場合

通常4,378円→長得3,850円

サーバー「ガーディアン」の場合

通常4,928円→長得4,400円

サーバー「ネオ」を長得プランでレンタルすると月額3,850円という安さ。

長得プランは登録料として11,000円かかりますが、初月から毎月528円割引されます。

21か月目までの月額料金は通常プランとほぼ同じですが、22か月目からは長く利用すればするほどお得になります。

長得プランは通常プランから切り替えることも可能です。

≫ 長得プランの詳細はこちら

設置工事費用・メンテナンス費用が無料

サーバーの設置工事費用は月々のレンタル料に含まれているので別途費用は発生しません。

引っ越しなどでサーバーを移設する際も無料です。

また、サーバーは6か月を目安に専門スタッフが訪問してメンテナンスします。

フィルター交換、通常使用による故障修理、経年劣化によるサーバー交換費用も月額料金に含まれているので安心です。

▼ウォータースタンドの詳細はこちら▼

ウォータースタンドの良い口コミ

ウォータースタンドの口コミを調べてみましたが、悪い口コミより良い口コミが数多く見られました。

以前は水道水を使用していた為、臭いや衛生面が気になっていましたが今は安心して毎日水を飲むことが出来ています。キッチンの側に置くと料理やお酒を作る際にすぐに使用出来て非常に便利です。いちいち水道水を沸騰させて使用していた手間が一気になくなり手間が省けました。ウォーターサーバーと比べて飲んだ量を気にせずいつでも好きなだけ飲めるところがお気に入りです。

引用元:みん評

気になるお水の味については「水道水を浄水しただけで本当においしくなるの?」と思ってしまいますが、味には満足しているという声が多数でした。

水道水に含まれる塩素や不純物を徹底的に取り除いているので、美味しさを感じられるのでしょうね。

ボトル式のように残りのお水を気にする必要もなく好きなだけ飲めることはウォータースタンドの大きな魅力です。

RO水のクリクラから乗り換えたら月額料金が安くなったという声もよく見られました。

また、半年ごとに実施される無料メンテナンスも好評のようです。

フィルター交換や本体も隅々までキレイにしてもらえると安心して飲むことができますね。

≫ 今すぐウォータースタンドに申し込む

ウォータースタンドのサーバー

ウォータースタンドのサーバーは「ナノシリーズ」と「プレミアムシリーズ」があります。

ナノシリーズ:不純物を約99.5%除去

プレミアムシリーズ:不純物を約99.9%除去

どちらもほとんどの不純物を取り除くことができます。

違いは、水道水に含まれるわずかなミネラルも除去するかどうか。

プレミアムシリーズのROフィルターは、不純物だけでなくミネラル分も除去することからピュアウォーターと呼ばれています。

妊娠中や赤ちゃんのいる方はプレミアムシリーズを選んだ方がより安心です。

水道水のミネラルを残したい方や料金を抑えたい方はナノシリーズを選んでみてください。

ナノシリーズのおすすめサーバー

ナノシリーズの冷水・温水・常温水が使えるモデルをご紹介します。

ウォータースタンド ネオ

1番人気のモデル。冷水・温水・常温水が利用できるコスパの良いサーバーです。

通常プランは月額4,378円、長得プランは3,850円です。

ナノシリーズ ガーディアン

瞬間冷温水機能でタンクを必要としないスリムなモデル。

通常プランは4,928円、長得プランは4,400円です。

プレミアムシリーズのおすすめサーバー

プレミアムシリーズの冷水・温水・常温水が使えるモデルをご紹介します。

プレミアムシリーズ S3

冷水プラス機能で最大2倍の冷水を作ることができます。

通常プランは5,808円、長得プランは5,280円です。

プレミアムシリーズ ステラ

自動除菌システムが搭載された最上位モデル。

通常プランは6,578円、長得プランは6,050円です。

≫ ウォータースタンドのサーバーを詳しく見る

ウォータースタンドのキャンペーン

最後にウォータースタンドのキャンペーン情報をご紹介します。

乗り換えサポート

現在、他社ウォーターサーバーのご利用中の方には乗り換えサポートがあります。

ウォータースタンドの契約から2か月以内に申し込めば、他社ウォーターサーバーの解約にかかった費用から最大10,000ポイント分を負担してもらえます。

ポイントはウォータースタンドの月額料金の支払いに使えます。

子育て支援パスポート

ウォータースタンドは各自治体で発行されている「子育て支援パスポート」を提示すると、優待サービスが受けられます。

新規申し込みの方には18歳未満の子どもの人数分、ウォータースタンド水筒がプレゼントされます。

ただし、プレゼントはウォータースタンドの直営店のみになるのでご注意ください。

ご紹介キャンペーン

ウォータースタンドを利用している人から紹介してもらうと、紹介する側にも紹介される側にもプレゼントがもらえます。

  • ドリンクメイト
  • カタログギフト2冊セット
  • レンタル割引3,000円分

3種類から好きなものを1品選ぶことができます。

キャンペーンは9月30日までの期間限定です。

まとめ

以上、ウォータースタンドのデメリットとメリットについてお伝えしました。

ウォータースタンドはお水をあまり使わない人や天然水にこだわりたい人には向いていません。

お水をたくさん飲む人や料理にも使いたい人向けのウォーターサーバーです。

料金を抑えたい人にはコスパの良いサーバーもラインナップされています。

どれもコンパクトでおしゃれなデザインなので、好みに合ったサーバーを選んでみてくださいね。

現在他社のウォーターサーバーを利用中の人は、乗り換えキャンペーンでお得にウォータースタンドを始めましょう!

▼お水の使用量が多い人におすすめ▼

今すぐウォータースタンドに申し込む