ウォーターサーバー

フレシャスミニ ウォーターサーバーを徹底解説!水道水補充・卓上型のメリット・デメリットとは?

この記事を読むと次のことが分かります。

  • エブリィフレシャスミニの徹底解説
  • 申込時の注意点と特典・キャンペーン情報
  • 水道水補充タイプのメリット・デメリット
  • 卓上型・水道直結型のメリット・デメリット

卓上型の人気サーバー「エブリィフレシャスミニ」について詳しく解説します!

フレシャスミニ ウォーターサーバーを徹底解説

エブリィフレシャスミニは水道水補充タイプの卓上型としては業界初登場のサーバー。

フレシャスdewoフレシャスslatなどを手掛けた安積伸氏によるデザイナーズモデルです。

月額料金やデザイン、機能などについて詳しく見ていきましょう。

月額料金は3,300円の定額制

エブリィフレシャスミニの月額料金は3,300円の定額制。

専用の浄水カートリッジは料金に含まれているため、かかるのは水道代電気代のみ。

契約時の初回登録料も無料設置工事や訪問メンテナンスも不要です。

さらに、初月はレンタル料が無料になる嬉しいサービスもあります。

無料でカートリッジが交換できる

専用の高性能フィルターカートリッジは6か月ごとに交換が必要

交換費用は月額レンタル料に含まれているため料金は発生しません。

フィルターカートリッジは家庭用品品質表示法の対象12物質を含む16物質を除去。

安心でおいしい水を気軽に楽しめます。

おしゃれでコンパクトなデザイン

エブリィフレシャスミニはデザイナーズモデル。

フレシャスの卓上型ウォーターサーバー「フレシャスdewo mini」を改良して作られました。

サイズは幅250×奥行295mmの小さなボディで、カラーはマットホワイト・マットブラックの2色。

シンプルかつ高級感のあるデザインでおしゃれなインテリアともよく似合います。

every frecious 公式サイト

省エネ機能付きで電気代が安い

SLEEP機能:部屋の明るさを自動感知して節電

ECO機能:冷水・温水の温度を調整

SLEEP機能は夜間や外出時などにウォーターサーバーを使用しないとき、明るさを自動感知して不要な電力を抑えます。

ECO機能はホットエコ機能コールドエコ機能の2種類が使えます。

ホットエコ機能で温水が70~75℃、コールドエコ機能で冷水が10~15℃になります。

SLEEP機能とECO機能を使用した場合の電気代は月間約410円に抑えられます。

卓上型が選べるハミングウォーターは約475円です。

UV機能搭載で自動殺菌

サーバー内部には殺菌効果のある「UV-LED」が搭載。

定期的に光を照射して水を新鮮な状態に保ちます。

UV機能が作動中でも冷水・温水が使えるので、いつでも安心して利用できます。

≫ every frecious 公式サイトはこちら

チャイルドロック標準装備

エブリィフレシャスミニはチャイルドロックが標準装備されています。

初期設定は温水のみロックされており、温水を使用した後は自動でロックされます。

冷水にもチャイルドロックを設定することができるので、小さなお子さんがいる家庭でも安全に使用することができます。

メーカーフレシャス
機種エブリィフレシャスミニ
種類水道水補充・卓上型
レンタル料3,300円/月
フィルター交換無料/6か月に1回
初回費用無し
電気代約410円~/月
サイズ幅:250mm
奥行:295mm
高さ:470mm
タンク容量3.3L
重量8.3kg

申し込みはこちら

エブリィフレシャスミニ申込時の注意点

エブリィフレシャスミニは最低利用期間が3年間となっています。

契約してから3年未満で解約すると以下の解約金が発生するのでご注意ください。

解約はお客様サポートセンターに電話またはメールで連絡します。

利用期間解約金
1年未満22,000円
2年未満16,500円
3年未満11,000円

every frecious 公式サイト

エブリィフレシャスミニの特典・キャンペーン情報

現在、エブリィフレシャスでは以下の特典・キャンペーンを実施中です。

全員プレゼントキャンペーン

新規申込でオリジナル巾着トートバッグが全員にプレゼントされます。

キャンペーン期間は5月29日まで。

乗り換えキャンペーン

他社ウォーターサーバーから乗り換えると、解約金を最大16,500円キャッシュバックしてもらえます。

期間は5月29日まで。キャンペーン対象外のサーバーもあるのでご注意ください。

対象外のサーバー
  • フレシャスブランド
  • AQUWISH
  • ダイワハウスグループ「EMISUI」
  • なちゅみず本舗
  • エアーレス・ウォーター
  • ロハスタイル「LOHASUI」
  • WUU!
  • First water
  • Aqpina(アクピナ)
  • うるのん with LOHASUI
≫ every frecious 公式サイトはこちら

ウォーターサーバー 水道水補充タイプのメリット

水道水補充タイプには以下のメリットがあります。

ボトル料金や残量を気にしなくていい

水道水補充タイプのウォーターサーバーはボトルの購入が不要

残量や使った分だけ増えるボトル代を気にする必要がありません。

使えば使うほどお得になるので、料理にたくさん水を使う人家族が多い人には特におすすめです。

一人暮らしの場合でも月額料金の安いサーバーを選ぶと、ボトル式のウォーターサーバーよりもコストを抑えることができます。

▼ 月額3,300円で利用可能 ▼

≫ every frecious 公式サイトはこちら

水の最低使用ノルマがない

一般的にボトル式のウォーターサーバーには購入ノルマがあります。

月に2本以上の購入をノルマとしているケースが多く、クリアできない場合は手数料が発生します。

RO水のクリクラは3か月で6本未満の場合、1,100円の支払いが発生します。

水道水補充タイプはボトルが不要なので水の最低使用ノルマもなし。

水をあまり使わない人でも利用しやすいのが特徴です。

ボトル交換・保管の必要もなし

水道水補充タイプはサーバーに水を注ぐだけ。

ボトル式の場合は重たい12ℓボトルを毎回交換しないといけません。

大きなボトルは保管に場所を取る上に返却またはゴミ処分する必要があるのもデメリット。

水道水補充タイプならボトルの交換もなく保管や処分したりする手間も省けます。

▼ ボトル不要で購入ノルマも無し ▼

≫ every frecious 公式サイトはこちら

ウォーターサーバー 水道水補充タイプのデメリット

水道水補充タイプは災害時に水道が止まると使えなくなります。

ボトルタイプの場合、未開封のボトルは備蓄用の飲料水として使えるため災害時に有効活用できます。

水道水補充タイプを選ぶなら、災害に備えて備蓄用の飲料水を用意しておきましょう。

every frecious 公式サイト

ウォーターサーバー 水道水補充タイプは2種類

水道水補充タイプには卓上型水道直結型の2種類があります。

卓上型は自分でタンクに水を補充するタイプ、水道直結型は水栓から直接サーバーに水を補充するタイプです。

それぞれのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

水道水補充「卓上型」のメリット・デメリット

メリット① 置き場所が自由

卓上型の最大のメリットは電源さえあれば好きな場所に設置できること。

水栓とサーバーを繋げる必要がないため置き場所が限定されないのが特徴です。

寝室などの水道が近くにない場所にも置くことができます。

メリット② コンパクトで省スペース

卓上型のサーバーは狭いスペースにも設置できるコンパクト設計。

ソファー横のスツールに置いたり棚の空きスペースを利用したり、ちょっとした空間を有効活用できるメリットがあります。

メリット③ 設置工事が不要

水道直結型のサーバーは水栓と接続させる工事が必要。

設置工事が必要なら解約時に取り外す工事も必要になります。

卓上型なら設置工事もなく、簡単に置き場所を移動させることもできます。

デメリット 水を補充する作業が手間

卓上型は自分で水を補充する作業が必要です。

コンパクトサイズのため水タンクの容量も少なく、たくさん使う場合は頻繁に補充することになります。

補充する作業が手間に感じる人は水道直結型のサーバーを検討してみてください。

≫ every frecious 公式サイトはこちら

水道水補充「水道直結型」のメリット・デメリット

メリット① 水を補充する手間がかからない

水道直結型は水栓から直接サーバーに水が注がれるため、自分で補充する手間がかかりません。

水消費量の多い家庭やオフィスなどで使用する場合は水道直結型が便利です。

メリット② サーバーの種類が豊富に選べる

水道直結型のサーバーは種類が豊富なのが特徴。

キッチンのシンクに置くコンパクトタイプや床置きタイプがあります。

サーバーによっては不純物を徹底的に取り除くROフィルターを使用しているモデルもあります。

水道直結型はデザインや機能で好みのサーバーを選ぶことができます。

デメリット① 置き場所が限られる

水道直結型の最大のデメリットは置き場所が限られること。

サーバーと水栓を繋げる必要があるため、基本的には水道から離れた場所には設置することができません。

水栓の形状によってはそのまま取り付けできない場合もあります。

デメリット② 設置工事に費用がかかる

水道直結型には設置工事が必要なだけでなく費用もかかります。

ウォータースタンドの場合、初回設置費として9,900円の料金が発生します。

設置工事は水栓の形状によって1時間~1時間半ほど必要なため、費用と時間がかかります。

デメリット③ 月額料金が卓上型より高い

水道直結型のサーバーは卓上型より月額料金が高くなります。

例えばウォータースタンドのナノシリーズ「ネオ」は月額3,850円

卓上型のエブリィフレシャスミニは550円安い月額3,300円

設置工事費もかかることを考えると、コストを抑えるなら卓上型を選んだ方が良いでしょう。

ウォータースタンドは最悪?口コミの解説と申込前に確認しておきたい7つのポイントこの記事を読むと次のことが分かります。【1】ウォータースタンドは最悪?口コミから分かること【2】申し込み前に確認しておきたい7つのポイント【3】おすすめサーバーとお得なキャンペーン情報...

まとめ

水道水補充タイプの卓上型サーバーは水道直結型に比べて料金の安さが魅力

水栓に接続する必要が無いため置き場所が自由に選べるのも特徴です。

エブリィフレシャスミニはシンプルでおしゃれなデザイン。

省エネ機能で電気代も抑えられ、チャイルドロックも搭載されているのでお子様のいらっしゃる家庭でも安心して使用できます。

現在キャンペーンも実施中なので、ご利用を検討中の方はこの機会をお見逃しなく!

every frecious 公式サイト

フレシャス「ママパパプラン」の特典と申込時の注意点この記事を読むと次のことが分かります。【1】ママパパプランの特典と申込時の注意点【2】ママパパプラン対象のサーバー料金【3】デュオ・スラットのインテリア実例...
フレシャスは最悪?口コミの真相や申込時の注意点などについて詳しく解説この記事を読むと以下のことが分かります。【1】フレシャスは最悪?口コミの真相【2】フレシャス申込時の注意点【3】フレシャスのサーバーと料金プラン【4】お得なキャンペーン情報...