子育て

【診療時間外は#8000】子どもが鼻にBB弾を詰めたときの対処法

先日、4歳の長女が鼻にBB弾を詰めてしまいました。

日中なら病院に連れて行けるのに、時刻は20時過ぎ。診療時間もう終わってる。。。

鼻に物を詰めるなんて初めてのことだったので、どう対処すればいいのか・・・

ひとまず、#8000(小児救急電話相談)に電話して対処法を教わりました。

どうするべきなのか私ひとりでは判断できなかったので、とても助かりました。

今回は、そのときのことを記事にまとめたいと思います。

子どもが鼻に異物を詰めてしまい困っている方その対処法を知りたい方の助けになれば幸いです。

慌てずに状況を把握しよう

時刻は20時過ぎ。長女は眠たかったこともあり大泣きでした。

BB弾を鼻に詰めてしまった原因を聞いてみると「匂いをかぎたくて鼻に持っていったら入った」とのこと。

鼻の穴よりBB弾の方が小さいから入ってしまうのかもしれないけど、そんな簡単に入ってしまうものなのか・・・

半信半疑で詰めてしまった右の鼻をのぞいてみると、ちょうどくぼみのところにオレンジ色のBB弾が引っかかっており、手では取れそうにない状況でした。

左の鼻を押さえて右の鼻から鼻息を「フンッ!」とやってみてもダメ。あまり続けると鼓膜を痛めてしまいそうなので数回だけ試して終了。

詰めてしまった右の鼻は息がしづらいけど左の鼻は無事だったので、呼吸は問題なさそうでした。

赤ちゃん用の麺棒を入れたら取れるかな?耳かきを入れて引っかけたら取れるかな?

いろんな方法が頭をよぎりましたが、鼻が小さいしさらに奥に入ってしまうと危ないのでやめておきました。

#8000(小児救急電話相談)に電話

病院が診療時間外なら、#8000(小児救急電話相談)に電話しましょう。

すぐに受診させた方が良いのか、翌朝まで様子を見た方が良いのか判断に迷うとき、小児科医師や看護師から子どもの症状に応じた対処の仕方や、受診する病院などのアドバイスを受けられます。

小児救急電話相談が利用できる時間帯は自治体によって異なります。
詳しくは各自治体のサイトでご確認ください。

看護師からアドバイスされた内容

電話に出た看護師さんから、子どもの年齢・性別・症状・住まいの地域などを聞かれ

いくつかアドバイスをもらいました。

  • さらに奥に入ってしまうので自分で取ろうとはしないで
  • のどの奥から気管に落ちると危ない
  • 様子を見ても大丈夫だと思うけど、近くの病院を紹介しましょうか?

私は念のため病院を紹介してもらうことにしましたが、車で片道30分。。。

0歳の次女もいるし何より長女が眠たそうなので、病院には向かわず朝まで様子を見ることにしました。

ただ、顔色が青くなったら注意してと言われていたので朝が来るまでとても不安でした。おかげでぐっすり眠れず、夜中に何度か目が覚めました。

目が覚める度に顔色が青くなっていないか、しっかり呼吸ができているか確認しましたが、心配もよそに長女は爆睡して幸せそうな寝言も言っていました。

翌朝、耳鼻咽喉科へ

朝になりかかりつけの耳鼻咽喉科へ向かいました。

一夜明けてBB弾はさらに奥に詰まっているというのに、長女はキッズスペースで元気に遊んでいました。

その後、病院嫌いの長女は診察台で暴れて大変でしたが、鼻に細い針のような器具を入れるとBB弾はくぼみから外れ、吸引機で簡単に取れました。

昨夜BB弾を鼻に詰めて大泣きしていたときはどうなることやらと思いましたが、大事に至らずホッとしました。

念のため、さらにもう1つ詰まっていないかの確認もされ診察は終了。家に着く頃には元気が戻りました。

おわりに

我が家には0歳の次女がいることもあり、普段から小さな物の管理には特に注意を払っていましたが、まさか長女が鼻に詰めてしまうとは思いませんでした。

医師の先生の話では、4歳でも5歳でも子どもには「よくあること」だそうです。

日頃から小さな物の管理に注意を払うだけでなく、子どもに対して「小さな物を鼻や耳に入れたら取れなくなってしまうよ」と注意しておくことも必要だと感じました。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。