子育て

スキナベーブは大人も使える?ベビーバスで沐浴するのはいつまで?

スキナベーブは新生児の赤ちゃんから使える沐浴剤。主にベビーバスで使用します。

そろそろお風呂に移行したいけど、大人と一緒に使っても大丈夫なのかな?

今回はそんな疑問にお答えします。

赤ちゃんとお風呂に入る時期や使い方、スキナベーブの評判などについてもお伝えします。

スキナベーブとは?

スキナベーブは1970年の発売から50年以上も続いているロングセラー商品です。

産院での沐浴体験のときに使われているのを見た方や、サンプルをもらった方も多いのではないかなと思います。

スキナベーブの特徴は沐浴時にボディーソープや石鹸で赤ちゃんの体を洗う必要がないこと。

初めての沐浴は不慣れな上に、赤ちゃんを手首で支えながら泡で洗って流すのは結構大変です。

スキナベーブならベビーバスにキャップ1杯分を入れてよく混ぜたら、後は優しく洗うだけ。すすぐ必要もありません。

産後の体調が戻らない時期に沐浴剤があるとママの負担も軽減されます。


スキナベーブは大人も使える?

一般的には生後1か月~1か月半の頃にベビーバスからお風呂に移行する方が多いようです。

ベビーバスを卒業したら、余ったスキナベーブは入浴剤として一緒にお風呂に入るとき使えます。

スキナベーブにはあせもや湿疹などを防ぐ効果もあります。

我が家の姉妹は初めての沐浴からスキナベーブを使用。体が疲れているときや1人で沐浴させる自信がないときはスキナベーブに頼りました。

沐浴に慣れてからは新生児から使えるボディーソープを使うようになりました。

生後1か月でベビーバスを卒業してお風呂へ。残りのスキナベーブはわずかでしたが、入浴剤として利用しました。

スキナベーブは200ml入りと500ml入りの2種類がありますが、生後1か月でお風呂に移行する場合は200ml入りで十分かなと思います。

お風呂でも使いたい方は500mlを選んでみてください。

スキナベーブの使い方

  1. ベビーバスにぬるめのお湯を5~7割ほど入れる
  2. スキナベーブをキャップ1杯分入れてよく混ぜる
  3. 赤ちゃんをベビーバスに入れる
  4. 頭・顔・体を手のひらで優しく洗う
  5. 沐浴後タオルで拭き終わったら保湿する

スキナベーブの公式サイトではベビーバスに入れる前に顔をガーゼで拭くよう記載されています。

私は面倒くさがりなので服を脱がせたらベビーバスへ。

顔はお湯にしめらせたガーゼで拭いて、頭と体は手のひらで優しく洗いました。

沐浴後、体を拭いたら肌の乾燥を防ぐために保湿剤をしっかり塗ってあげましょう。

スキナベーブにはベビーミルキーローションという保湿剤もあります。

保湿剤はどれを選んだらいいか迷うものですが、スキナベーブが赤ちゃんの肌に合うならベビーミルキーローションも試してみるといいかなと思います。

公式サイトからサンプルがもらえるので、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

スキナベーブの評判

スキナベーブの沐浴剤は、2021年度「たまひよ赤ちゃんグッズ大賞」のスキンケア部門沐浴剤のランキングで1位に選ばれています。

洗い流す必要がなく初めてでも安心して沐浴できる便利なアイテムとして評価されています。

それでは実際にスキナベーブを使用している方の声を見てみましょう。

「便利」「楽ちん」といった声が多く見られました。慣れないうちは沐浴剤があると本当に助かりますよね。

スキナベーブの沐浴剤はサンプルをもらう機会もよくあるので、気軽にお試しできるのも嬉しいポイント。

私も産院でもらったサンプルを使ってみて気に入ったので購入しました。

入浴剤としてお子さんとお風呂に入ったらスベスベになった~という声もありました。

一方で、スキナベーブを使ったら湿疹ができてしまったという声も。

赤ちゃんの肌によっては合う合わないがあるので、沐浴剤はサンプルを使用してから慎重に選んであげたいですね。

まとめ

スキナベーブは赤ちゃんだけでなく大人も使えます。

赤ちゃんがベビーバスを卒業したら入浴剤としてお風呂に入れてみてください。

子どもが大きくなってからたまに使ってみると、我が子が赤ちゃんだった頃の「匂い」を思い出したりします。

使い切っていないスキナベーブがある方は使用期限に注意しつつ、入浴剤として使ってみてはいかがですか?

吐き戻しの汚れ対策におすすめ!ハンドタオルスタイのご紹介 母乳やミルクを飲んだ後の吐き戻しは色々と対策をしても結局のところ出るときは出る。 出てしまうのは仕方がないけど、服や体が汚れるの...