子育て

mamaro(ママロ) の設置場所は?授乳室の使い方や口コミをご紹介

お出かけ先にmamaroがあると安心ですよね。

設置場所を検索するならアプリ「Baby map」が便利です。

今回はmamaroの設置場所から授乳室の使い方、口コミについてご紹介します。

mamaro(ママロ)とは?

mamaroとは、授乳もオムツ替えもできるプライベート個室の授乳室。

室内はたたみ1畳分のスペースに高さが2メートルあり、天井から換気ができるようになっています。

最近では役所や駅構内、道の駅、サービスエリア、大型ショッピングモールなど全国各地に設置されています。

授乳室というとカーテンで仕切ってあることが多く、落ち着いて授乳できない場合もあります。

オムツ替えも他の子が気になってしまい、上手くいかないこともあります。

授乳もオムツ替えも個室が使えると助かりますよね。上の子がいても一緒に入れるので安心です。


mamaro(ママロ) の設置場所は?

mamaroの場所は「Baby map」というアプリで探すことができます。

アプリと連動してmamaroの空き状況も分かるようになっており、利用可能になったら通知してくれるサービスもあります。

通知を受け取るためにはログインが必要となります。

また、mamaroだけでなくその他の授乳室やオムツ台の設置場所も分かるようになっています。

アプリをインストールしておけば近くの授乳室やオムツ台をすぐに探すことができます。

その施設を使用した人のレビューや評価も見られるので、訪れる際の参考にもなります。

アプリのダウンロードはこちらからどうぞ。

Baby map

Baby map

Kodomoto K.K.posted withアプリーチ

mamaro(ママロ)の使い方

  1. 空室を確認
  2. 入室したらカギを締める
  3. 1回の使用は20分以内
  4. ゴミは持ち帰る

mamaroの使用料はもちろん無料。予約なども一切不要です。

すでに誰かが使用している場合は、入口の左上にある「mamaro」のランプが点灯しています。

室内には授乳用ソファーとキャスター付きのサブソファー、「mamaro view」と呼ばれるテレビモニターやコンセントも設置されています。

「mamaro view」は子育てに役立つ情報が配信されており、授乳用ソファーのサイドボードにあるパッドで操作できるようになっています。

壁には重さ5キロまでの荷物がかけられるフックも付いています。

1回の使用は20分までとされており、残り時間はモニター下部に表示されます。

ゴミ箱は設置されていないので各自で持ち帰りましょう。

mamaro(ママロ)の口コミ

実際にmamaroを使用した方の口コミを見てみましょう。

「便利」「利用しやすい」「もっと普及して欲しい」という声が多く見られ、皆さん良い評価をされていました。

mamaroは男性も利用できるので、授乳やオムツ替えの場所に困っていたパパさんにはとても助かりますね。

日本国内だけでなく海外にも普及するのではないかなと思います。

まとめ

mamaroの設置場所はアプリ「Baby map」で確認できます。

空き状況や待ち時間の目安が分かるだけでなく、利用可能になると通知してくれるサービスまであります。

mamaroは上の子がいても一緒に入室できるので安心です。

従来の授乳室はパパが入れないようになっていますが、mamaroならパパがミルクをあげることもできます。

mamaroが利用できる施設が増えればお出かけもさらに楽になりますね。

Amazonファミリーの会員登録方法|無料で300ポイントもらえます Amazonファミリーに登録すると、おむつやミルクなどのベビー用品をお得に購入することができます。 会員登録は無料。気軽に利用で...