ニュース・芸能

シャンディガフの割合は?缶ビールとジンジャエールどっちが先?

飲み口の良さが人気のシャンディガフ。

缶ビールとジンジャエールで簡単に作ることができます。

本記事ではシャンディガフの割合や作り方などについてお伝えします。

シャンディガフとは?

シャンディガフは英国で生まれたビールベースのカクテル。ジンジャエールで割って作ります。

ビールの苦味をジンジャエールが和らげてすっきりした後味になるため、普段はビールを飲まない人にもおすすめのカクテルです。

ちなみに英国ではシャンディ、フランスではパナシェと呼ばれています。


シャンディガフの割合

シャンディガフはビールとジンジャエールを1対1の割合で混ぜます。

例えば、アサヒスーパードライ105ml缶とウィルキンソンジンジャエール105mlを混ぜるだけでOKです。

上記の組み合わせで作るシャンディガフのアルコール度数は2.5%くらいになります。

シャンディガフの作り方:缶ビールとジンジャエールどっちが先?

シャンディガフの作り方はとても簡単です。

  1. グラスをよく冷やす
  2. グラス半分ほどジンジャエールを注ぐ
  3. 缶ビールをゆっくり静かに注ぐ
  4. 軽くかき混ぜる

選ぶビールやジンジャエールによって味は変わります。

お好みのシャンディガフを作ってみてください。

シャンディガフに氷は入れない?

シャンディガフは氷を使わないカクテル。

作るときはグラスをキンキンに冷やしておくのがおすすめです。

よく冷えたグラスがないときは氷をいっぱいに入れるとすぐに冷えるので試してみてください。

シャンディガフは市販されてる?

シャンディガフの市販品を調べてみましたが、販売はされていないようです。

好きなビールとジンジャエールを選んで、好みのシャンディガフを作ってみましょう。

手軽に作れるのが魅力のカクテルです。

ぜひ試してみてくださいね。