ニュース・芸能

堀ちえみがブログで公表した引っ越し理由「隣にマンションが建つ」

今年2月から意味深なブログを更新していた堀ちえみさん。

引っ越しの計画があることを綴っていましたが、その理由については謎のままでした。

本記事では、ついに公表された引っ越し理由を経緯とともに詳しくお伝えします。

堀ちえみがブログで公表した引っ越し理由

2021年9月20日、ついに堀ちえみさんがブログで引っ越し理由を公表しました。

その理由は「自宅の裏と隣の土地にマンションが建つ」というものでした。

堀さんはマンションが建つことに関して、以下の2つの点を問題視されていました。

プライバシーを守りたい

堀さんの自宅は道に面していない奥まった場所にあることから、プライバシーを確保できる良さを感じて購入されたそうです。

芸能人であるため家族も含めてプライバシーのことを特に心配されていました。

問題となったのは、堀ちえみさんの自宅前の私道がマンションの裏通用口になっていたことでした。

自宅前の私道を人や車が通ることになると外からは丸見え。プライバシーを確保できていたメリットは無くなってしまいます。

その私道の半分を堀さんは所有していました。

残りの半分を買い取ることも試みたそうですが、すでに所有者によって売却されていたそうです。

騒音の問題

マンションの建設には最低でも2年くらいかかるそうで、堀さんはその間の騒音問題に不安を抱えていました。

愛犬はストレスに耐えられるのか心配で、大学生の子ども達がリモート授業を受けていることも気がかりでした。

プライバシーと騒音の問題から、この自宅では住めないと判断され売却に向けて準備を開始。

同時に新居の物件探しも始められたそうです。


堀ちえみが新居に引っ越しするまでの経緯

堀ちえみさんが新居に引っ越しするきっかけとなったのは2月初旬のことでした。

それから9月に引っ越しするまでの経緯を見てみましょう。

2月:ある業者が設計図らしいものを持っていたのを確認

ブログによると2月にある業者が私道に入って来て何かの確認をしていたのを目撃していました。

「ある一人の業者さんが、設計図らしいものを持って、我が家の前の私道に入って来て、何かの確認をしていました。」

「そちらの方を歩きながら、周辺をいろいろと確認されていたので、私は直感で何かが変わると察したのです。」

引用元:堀ちえみ公式ブログ

その日の夜に旦那さんに伝えると、旦那さんの知り合いを通じて「極秘で計画されていた情報」を掴んだそうです。

マンションが建つことはこのとき分かったものと思われます。

3月:引っ越しを発表

3月15日のブログで新居への引っ越しに向けて物件を探していることを公表。

赤いレンガのお家は一生住むつもりで購入し、リフォームもしながら大切に暮らしていたそうです。

新居については自宅から近い場所で探していることも公表されました。

「不動産屋さんにお願いして、次の土地や物件を、できれば近くでという条件で、いろいろと探してもらっているのですが、私たちの家の近くは、もともとあまり売り物件が少ないみたいで。」

引用元:堀ちえみ公式ブログ

7月:自宅は売却済み、新居も購入完了の報告

新居が決定した詳しい日付は分かりませんが、7月27日のブログですでに購入済みであることが公表されました。

さらに自宅の売却も済んでいたそうです。

「実は我が家はもうここではありません。新居の購入が済んでいて。そしてこちらも売却しましたので。」

引用元:堀ちえみ公式ブログ

新居のキッチンやトイレ・お風呂などを決める打ち合わせは6月から行われていたようで、7月16日には水回りの発注を完了されたとのことでした。

9月:引っ越し理由を報告

9月12日のブログ「もう晴れやかな気持ち」の中で引っ越しの理由について触れており、同月20日のブログ「赤い煉瓦のお家のこと」にてその詳細を公表しました。

堀ちえみの新居はどこ?

売却された自宅は文京区にあると言われています。

堀ちえみさん本人が公表された訳ではありませんが、テレビで自宅を公開したり今回の引っ越しでも自宅の写真などをブログにアップされています。

引っ越し先の新居については、こちらも住所は公表されていませんが、同じく文京区ではないかと噂されています。

ブログ記事にもあったように売却された自宅から近い場所で探しているとのことなので、住み慣れた文京区内で購入された可能性が高いものと思われます。

まとめ

堀ちえみさんの引っ越しされたのは、自宅の隣にマンションが建つことになりプライバシーや騒音の問題を不安視されたことが理由でした。

聞いてみれば納得できる理由だと思いますが、「極秘で計画された情報」とは意味深過ぎましたね…。ひとまず何事もなくて良かったなと思います。